ちば弦ウェブサイト

◇千葉弦楽アンサンブル(ちば弦)は、2015年に千葉市緑区で発足した弦楽合奏団です。

作曲家のオリジナル譜を、そのまま楽しむための楽器構成です。(ときどき木管が入ります)

◇指揮者・指導者のいない、アマでは極めて珍しい合奏団です。
◆運営・選曲・解釈などをは合議で決めます。

月2回の「月例会」と隔週の「合わせ練習会」があり、様々な技術レベルに対応しています。

◆ちば弦の基本理念は、「室内弦楽の素晴らしさを届けたい。」です。


ブログより…

3.4月例会& PIZZAパーティ

ピッツァの生地作りは天然酵母での発酵から。
・一次発酵が2時間

・二次発酵が14時間

それを常温(26℃)でキープする。

 

そのため、薪ストーヴを焚べっぱなしにして、酵母に働いてもらいます。

 

手前の丸太を割って薪にする。

窯は600℃まで温めるのに4時間は必要。

たくさん薪が必要。

雨が降り続くと湿気るので、小屋からホールのタタキに移し乾かす。

それから「薪割り人」になります。

 

時間は午前7時。

続きを読む

12.10合わせ練習会

12.17お楽しみアンコン♪に向けて、ホールでクレンゲルの会、2Fスタジオで「樹海ちーむ」の合わせ練習会。

 

コーヒーブレイクは合同で。

 

薪ストーブのソープストーンから放たれる暖気は人にも楽器にも優しい。

 

ここのところ毎日々々本番やら合わせが続き、大忙し。。

仕事してるヒマもない。

 

クレンゲルもVc1のピンチヒッターだから、初見となった。

 

 

 

 

11.18蘇我CCまつり出演♪

11.18(日)14:10〜14:40
蘇我コミュニティロビー

演奏曲はコンサートアーカイブを参照ください。

 

プラザ全体でワイワイ人がいるものの、演奏会場はパラパラ。

ところが、ちば弦が登場するや満席に。

…「ファンがたくさんいるんですよ。」と出雲副館長。

 

今回は指揮に初挑戦。

ウェストサイドメドレーはテンポが揺れるし、パーカスもある。

 

指揮というのは、やればわかるけれど、意外に難しい。。

ただ棒を振れば良いでなく、みんなを引っ張らなくてはならない。

 

ここで1stが1拍開けて出るとか、チェロとヴィオラがたっぷり歌うときにヴァイオリンを添わせるとか。

 

なかなか難しい。。

 

フィドル・ファドルは猛練習の成果で、とても良い出来!

観客からの大拍手をいただき、さらに「アンコール!」の掛け声まで。

 

せっかくなのでもう一回。(苦笑)

 

この曲、定番にしよかな(大笑)

 

カッティング・シール

ヴィラ・ムジーカ誉田村のエントランスにカッティング・シールを貼りました。

…なかなかの出来栄え。。

 

費用は送料込みでたったの1,500円。

 

これは病みつきになりそう。。。

8.20合わせ練SPL♪

ここのところピザパーティばっかり(笑)

 

7月のときは、実は出来合いのピザ生地を使って焼いた。

それでも好評だったが、今回は天然酵母から生地を手練りしたオリジナル。

水加減・発酵加減など、なかなか難しくて試行錯誤中。

 

つまり試食パーティですね。。

 

みなさん、無言でMogMog。。。

あっという間に完食。

…さすが、酵母の威力!かな?

 

 

恒岡先生のコーチングはとても丁寧で、少しの乱れも聴き逃さない。

それにしてもビブラートが綺麗!

 

ご本人は「楽器のおかげよ」とおっしゃるが、テンポ感と音程感は華麗で、つい見とれてしまう。

 

あんまりジロジロ見てると(なんとかハラと)疑われるので、チラチラ程度に。